その毛穴悩み、乾燥が原因かも?

毛穴悩みといえば、過剰な皮脂の分泌による角栓の詰まりや、詰まった角栓が酸化して黒くなるものだと思っている方も多いのでは?しかし、乾燥によって目立つ毛穴悩みもあるのです。そこで、今回は、乾燥毛穴の特徴や原因、対策をご紹介します。

乾燥による毛穴の特徴と原因

乾燥で肌の水分量が低下し、毛穴周りがしぼんでしまうことで毛穴が凹みます。すると、ハリを失った毛穴周りが影となって、毛穴が大きくなったように見えるため毛穴が目立ちます。

また、乾燥によりターンオーバーが低下し、本来ならはがれ落ちるはずの角質が肌に残り、積み重なることで角質肥厚となります。すると、肌のゴワつきやキメの乱れが起こり、毛穴が目立ちます。

乾燥で毛穴が目立っているだけなら、毛穴の形状までは変化しませんが、これらの毛穴目立ちをそのままにしてさらに乾燥が進むと、肌はこれ以上水分が蒸発しないよう過剰に皮脂を分泌し、肌を守ろうとします。すると、皮脂や周囲の角質が混ざり角栓となって毛穴に溜まり、詰まり毛穴になる可能性があります。また、毛穴に詰まった角栓が酸化することで黒ずみ毛穴になってしまうこともあります。さらに、毛穴が開いてしまったり、アクネ菌が過剰に繁殖して、すり鉢毛穴やニキビに進んでしまうこともあるのです。

このような乾燥毛穴は、誤ったスキンケアや刺激、肌を取り巻く環境などが原因です。

毛穴が気になり、過剰に洗顔したり皮脂を取りすぎると、肌の水分量や皮脂量のバランスが乱れ、乾燥や乾燥による過剰な皮脂分泌を招きます。バランスの崩れた肌は、ターンオーバーの乱れやバリア機能の低下を招き、敏感肌やインナードライ肌になってしまうこともあります。

さらに、紫外線対策不足やエアコンの使い過ぎもバリア機能低下や乾燥を招きます。

ほかにも、不規則な生活は体調の乱れを招き、肌のバリア機能低下や血行不良によるターンオーバーの低下を引き起こし、乾燥や肌のごわつきなどを招きます。

乾燥毛穴の対策

乾燥毛穴の対策は、乾燥肌対策と同じです。
まず、洗顔で毛穴や肌を清潔に保ちましょう。ただし、やりすぎはかえって乾燥や毛穴悩みにつながるので、肌に必要なうるおいを逃しすぎない、刺激を与えないやさしい洗顔が大切です。

洗顔料は、アミノ酸系洗浄剤成分を使用したものや、弱酸性などの洗浄力がマイルドなものを使い、摩擦や圧がかかりすぎないよう、たっぷりの泡で洗いましょう。拭き取る際もゴシゴシと擦らないように気をつけましょう。また、クレンジング料は、肌にやさしいジェルやミルク、クリームタイプがおすすめです。オイルクレンジングを使用する際は、私たちの肌の成分に近い油脂系のものを選びましょう。

そして、乾燥毛穴対策には保湿ケアが基本です。おすすめの保湿成分は、肌内部の水分を挟んでしっかり保水し、水分の蒸散を防ぐはたらきがあるセラミドやスフィンゴ脂質、コレステロール、肌表面にとどまり肌のうるおいを保ってくれるヒアルロン酸やコラーゲンです。ほかにも、プロテオグリカン、アミノ酸、グリシルグリシンなどがあります。

さらに、上手な角栓ケアも大切です。スキンケアでしっかり肌を整え、肌にトラブルが起きていなければ、酵素洗顔を週に1度くらいのペースで使ってケアをするのもおすすめです。毛穴パックは、肌が乾燥しているときは、肌表面の角質を剥がしてしまうシートタイプの使用は控え、肌をケアしながら毛穴ケアもしてくれる洗い流すタイプにしましょう。

もちろん、紫外線対策も重要です。紫外線による肌ダメージは、乾燥毛穴の原因である乾燥や肌のバリア機能低下を招くだけでなく、光老化も起こりやすくなります。乾燥により敏感になっている時にも使いやすいよう、刺激の少ないノンケミカル処方の日焼け止めや保湿成分などが配合された日焼け止めでの紫外線対策がおすすめです。

まとめ

乾燥毛穴の対策は、スキンケアの基本である、正しい洗顔、保湿、紫外線対策を行えば予防や改善が可能です。それに加え、バランスの取れた食事、質の高い十分な睡眠、適度な運動など、規則正しい生活を心がけ、日常生活でも乾燥を防ぐようにしましょう。